コラムCOLUMN

2020.04.15 事前に把握しておきたい起業するメリット・デメリット

働き方の選択肢が増えている中で、自分らしい働き方を実現するために起業を選択する方が増えています。ひと昔前と比べると起業は身近なものになりつつありますが、それでも人生を左右する大きな決断のひとつですから、安易な気持ちで取り組むのは危険です。自分が納得いく起業をするためにも、起業することでどのようなことが実現できるのか、またどのようなリスクが伴うのかをきちんと理解することが大切でしょう。

今回は、起業を検討している方のために、そのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

起業するメリット

まず、起業をすることで得られるメリットについて詳しく見ていきましょう。

高収入を得られる可能性がある

会社員として仕事をしていると、雇用主から毎月給料が支払われます。収入が保証されていることが会社員のメリットともいえるわけですが、その収入というは仕事の内容や役職などによって決められているため、一定の上限が設定されています。起業し経営者になるとその上限は無くなるため、自分の働き方や努力次第で高収入を得られる可能性があるのです。才能や実力を備えた方にとっては、大きなメリットになるといえるのではないでしょうか。

定年がない

会社員の場合は定年というものがあるため、ある一定の年齢に達した時点で退職することを考える必要があります。もちろん、会社によっては定年退職後に再雇用してもらえるところも増えていますが、現役として働いていた時よりも収入が減ってしまったり、働く時間が制限されたりするケースが一般的です。その点、起業をして自分で事業を行った場合、定年というものはありませんので、体さえ健康であればいつまででも働くことができます。

やりたいことをやりたいようにできる

起業の最も大きなメリットのひとつが、「自由にやりたいことをできる」ということではないでしょうか。これは会社の規定に従わなくてはいけない会社員との決定的な違いで、自分で起業をすることによって、働く時間も、曜日も、働く場所も、仕事の内容も全てを自分の裁量で決定することができるのです。

組織の中で働いていると、相性の良い人だけでなくそうでない人ともうまく人間関係を構築して仕事をしていく必要がありますが、起業をする場合には人間関係においても自分で選択をすることができるため、会社員時代に感じていたストレスから解放されるというメリットもあります。

起業するデメリット

起業する際にはメリットだけでなく、起業によって生じるリスクについても考えておくことが大切です。では、実際に起業のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

収入が不安定になる

起業には、「努力次第で高い収入を目指すことができる」というメリットがある一方で、収入が不安定になるというリスクがあるのも事実です。会社員であれば仕事が好調な時も不調な時もある程度の収入が保証されていますが、起業をした場合には仕事が好調かどうかによって収入に大きな差が生じてしまいます。資金調達に悩む経営者も少なくないというのが現実です。特に起業をしてしばらくの間は収入が不安定になりやすいため、その時期をカバーするだけの資金を、開業資金として最初から用意しておくなどの備えも必要です。

リスクがある

起業をするということは、自分で何もかも自由に決めることができるというメリットがある一方で、全てが自己責任になります。会社員の場合は例え仕事でミスをしてしまったとしても、守られている部分がありましたが、起業をすれば全ての責任を自分で負う必要があるのです。そうしたリスクが起業の大きなデメリットと感じる人も多いのではないでしょうか。

仕事とプライベートの線引きが難しい

働く時間も、場所も、曜日も自由に決めることができるということは、起業をすることの大きなメリットのひとつですが、全てを自分で決定できる一方で仕事とプライベートの線引きが難しく、ついつい長時間働いてしまうことがデメリットになってしまう場合もあります。特に、オフィスを設けずに自宅で仕事をしている場合には、日々の生活のメリハリをつけることに苦労する方も多いようです。

起業するときのポイント

では、起業を成功させるためにはどのような点に気をつけたら良いのでしょうか。まず大切なことは、起業をすることで得られるメリットだけでなく、デメリットの部分もきちんと理解しておくということです。

起業には年齢の制限はないため、何歳からでも起業し新しいビジネスを始めることは可能ですが、さまざまなリスクを軽減するためにはできるだけ若いうちに起業をするのが理想的です。その際には、失敗した時のこともきちんと想定した上で準備をしておきましょう。また、自由に仕事ができるとはいえ、その業界ごとに決められたルールやマナーを守るということも大切です。細かな注意点やトラブルの解決方法などは自分ではなかなか気づけないこともあるため、起業家の交流会などに参加して人脈を作り、相談に乗ってもらえる人を見つけておくのもお勧めです。

起業をするということは、人生の大きな決断のひとつです。「こんなはずじゃなかった」と後悔することがないように、あなたが起業するときは、上記でご紹介した起業のメリットとデメリットをあらかじめきちんと把握した上で準備をしていきましょう。

コラム一覧