コラムCOLUMN

2020.05.15 コワーキングスペースとは? 活用方法とメリット・デメリット

情報通信技術(ICT)のめざましい発展によって、日本人の働き方が大きく変化しています。特にここ数年は政府が推進する働き方改革に後押しされて、テレワークやリモートワーク、ノマドなど、場所や時間に縛られない多様で柔軟な働き方を選択するケースも増えてきました。その中で今注目を集めているのが「コワーキングスペース」です。

今回は、「コワーキングスペース」とは何か、その活用方法やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

コワーキングスペースとは

コワーキングスペースというのは、フリーランスや企業家などのように、業種も世代も異なる人たちが集まって共に仕事をする、共有型の仕事場のことを意味します。似たようなものにシェアオフィスなどがありますが、両者の決定的な違いは、シェアオフィスが「オフィス機能」を重視しているのに対し、コワーキングスペースは「利用者同士のコミュニケーション」を重視しているという点です。

それぞれが独立して働きつつも、情報交換をしたり、アイデアや価値観を共有したりすることができるため、フリーランスや在宅勤務など孤立しがちなワークスタイルの人たちにも選ばれています。

一般的なコワーキングスペースの機能

コワーキングスペースは、運営会社によって提供しているサービスや特徴が異なります。ですが、基本的なものとしては以下の機能が備わっているのが一般的です。

Wi-Fi

今や仕事をする上でネット環境が整っていることはマスト条件のひとつといえるでしょう。コワーキングスペースでも当然のことながら、Wi-Fi完備が基本機能として備わっているところがほとんどです。ただし、その通信速度は施設が導入している回線のタイプや回線数などによっても異なります。

コワーキングスペースでは当然のことながらWi-Fiが完備されているところがほとんどです。オンライン会議などインターネットを使用する比重が多い場合には、快適にネットが使える環境が整っているかを事前に必ず確認しておきましょう。

フリーアドレスの作業スペース

コワーキングスペースはさまざまな業種、世代の人たちが情報やアイデアを共有しながら仕事をするコミュニケーションを重視したワーキングスペースです。そのため、カフェのように空いている席を自由に使うことができるフリーアドレスの作業スペースが標準完備されているのが一般的です。

固定席や個室完備のものも

コワーキングスペースの中には、フリーアドレス以外に、固定席や個室が完備されている施設もあります。ただし、フリーアドレスのワーキングスペースを利用するのと比べると、利用料は割高です。

コワーキングスペースの利用方法

コワーキングスペースを利用する際には、次の2つの利用形態のうち、ワークスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。

月額制

コワーキングスペースの利用頻度が高い方におすすめなのが、毎月一定の金額を支払う「月額制」です。月額制の中にも、平日限定プランや土日限定プランなど種類があり、利用できる範囲が広ければ広いほど金額が高くなります。

ドロップイン

ドロップインというのはいわゆる一時利用のことです。月額制のように月ごとの契約ではなく、利用したい時にその都度料金を支払う形態を意味します。必要な時だけ利用するため無駄を削減することができますが、座席が空いていない場合には利用できない、料金が割高とういデメリットもあります。

コワーキングスペースのメリット・デメリット

次に、コワーキングスペースのメリットとデメリットをそれぞれに詳しく見ていきましょう。

【メリット】
低コストで作業場を確保できる

コワーキングスペースは仕事をするのに必要なデスクやチェア、ネット環境が整っているため、一般的な賃貸物件やレンタルオフィスなどを借りるよりも圧倒的に低コストで作業スペースを確保することができます。

交流や情報交換のチャンスがあるなど

コワーキングスペースには異業種や世代の違う人が集まるため、交流や情報交換、新たなビジネスに発展するチャンスがあります。

清掃などの手間がかからない

作業スペースの管理は運営会社側がしてくれるため、清掃などの手間がかからないのも魅力のひとつです。

会議やミーティングのために利用できる

施設によっては会議室やセミナールームが設置されているところも多く、会議やミーティングの際に利用することができます。

イベントに参加ができる

会議室やセミナールームを完備しているコワーキングスペースでは、ビジネスに役立つさまざまなセミナーやイベントを開催しているところもあります。

【デメリット】
集中できない可能性がある

他の利用者とのコミュニケーションを図れるのがコワーキングスペースの魅力のひとつですが、人によっては周りの人が気になって集中できない場合もあります。

セキュリティ面の懸念

不特定多数の人が集まるコワーキングスペースでは、情報漏洩などをはじめとするセキュリティ面でのリスクにも注意が必要です。

座席が確保できない場合がある

フリーアドレス席のコワーキングスペースは利用金がリーズナブルな反面、利用者が多い時には座席が確保できない場合もあります。

利用時間に制限がある場合がある

コワーキングスペースの中には、利用時間が運営スタッフの常駐している時間帯に制限される場合もあり、使いたい時に使えない可能性もございます。

空調等の環境面における懸念

複数の利用者同士でシェアすることがコワーキングスペースの特徴であるが故に、働く環境の維持に大きな影響を及ぼす空調面においては、個人差には対応ができないことが多いです。また、ビル側の空調供給時間に影響を受けることがあるため、夜間に空調が切れる場合もございますので注意が必要です。

さまざまな働き方に対応できるコワーキングスペースですが、業種や人によっては向き・不向きがあります。上記でご紹介した内容を参考に、メリットやデメリットを理解した上で利用を検討してみましょう。

コラム一覧