コラムCOLUMN

2020.05.15 オフィス内見で必ずチェックしたいポイントとは

賃貸オフィスを探していて気に入った物件が見つかった場合、必ず実際に現地まで足を運んで内部の確認をしましょう。この「内見」をいかにきちんと行うかどうかによって、入居後の満足度は大きく変わってきます。賃貸オフィス選ぶ際には、通常複数の物件を見て回ることになりますが、限られた時間の中で効率的に内見を進めていくにはどうしたらよいのでしょうか。

今回は、物件探しで欠かせない「内見」をする際の、事前準備やチェックポイントについて詳しく解説していきます。

オフィス内見の準備

候補となる物件が複数ある場合には、1日にいくつもの物件を見て回ることも珍しくありません。起業や移転前の忙しい時間の中で内見を効率的に進めるためには、事前の準備をきちんとしておくことが大切です。では、実際にオフィスの内見をする場合、どのような点に気をつけて事前準備をすれば良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

レイアウトをある程度イメージしておく

オフィスの内見をする際には、デスクや什器などのオフィス家具をどのように配置するのか、レイアウトをある程度イメージすることが大切です。特に移転などで、オフィス家具を持ち込む場合には、事前に寸法などを測っておくと良いでしょう。

内見時の持ち物

内見をスムーズに行うためには、以下のアイテムを持参することをおすすめします。

・カメラ     … オフィス内や共有部分、建物周辺の写真撮影をするため
・メジャー    … 入り口の幅や床の広さなどの寸法を図るのに必要です。
・オフィスの図面 … オフィス図面はあらかじめコピーを用意しておき、内見時に寸法や気になったことを書き込んでいきます。

オフィスの内見で重要なチェックポイント

初めてオフィスの内見をする場合、どのような点に注目すべきなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。しかし、難しそうに思えるオフィスの内見も、ポイントを押さえておくことで内見のときにしか見えてこない重要な情報を見落とすことなく確認することができます。ここでは、内見時に忘れず確認しておくべきポイントについて、詳しく見ていきましょう。

共有部の管理状態

内見の際には、専有部であるオフィス部分にばかり気を取られてしまいがちですが、その物件の良さを見極めるためには、共有部分の管理状態をチェックすることが大切です。エントランス、エレベーター、給湯室、トイレなど、共有部分の清掃は行き届いているか、壁や床の汚れや傷などがそのままの状態になっていないかなどを確認しましょう。特にトイレは設備の新しさもチェックしておきたいポイントのひとつです。

入居しているテナント

ビルの各フロアにどのような企業の事務所があるのかも、事前に確認しておくことをおすすめします。同業他社や取引先などが入居していると何かと不都合なこともありますので、郵便受けのネームプレートなどをチェックしておきましょう。

外観

オフィスの内見時には、外観も忘れずにチェックしましょう。特に来客の多い業種では、外観はその企業の顔となる部分ですので、企業のイメージに合った外観であることが大切でしょう。

エントランス

外観と同様に企業のイメージを左右するのがエントランス部分です。適度な広さがあり、明るく清潔感のあるエントランスが理想的でしょう。

エレベーター

エレベーターは台数を忘れずに確認しましょう。入居するテナントが多いのにエレベーターの数が少ない場合、朝の通勤時に待ち時間が長くなってしまうこともあるからです。

柱や梁の位置

柱や梁の位置は図面と照らし合わせながら確認が必要です。オフィス家具のレイアウトにもかかわる部分ですので、必ず確認しておきましょう。

天井の高さ

天井の高さはオフィスの快適性にも影響する部分です。天井が低すぎると圧迫感があるため、できれば天井高が十分な物件を選びましょう。

空調

空調は、環境の快適さを決める重要な要素です。個別空調(貸室内で自由設定)かセントラル空調(ビル側一括管理)かは、快適性の自由度に影響があるだけでなく、コストにも影響がでてきます。また、空調の吹き出し部分に埃や汚れが溜まっていないか、きちんと手入れがされているかを確認しましょう。空調の位置と数もしっかり把握しておくことも大切です。

トイレ

最近ではほとんどのオフィスビルが洋式ですが、ウォシュレットがついているかどうか、保温機能のついた便座かどうかなど、機能面も確認しておきましょう。また、女性用トイレは手洗い部分の数や鏡の有無も要チェック項目のひとつです。最新のオフィスだと、歯磨きセットなどを入れることができる小物入れBOXが予め備え付けられているものもあります。

喫煙所

最近は室内禁煙のオフィスビルも増えています。その場合には、喫煙所などが別途設けられているか、それとも全館禁煙なのかは必ず確認しておきましょう。

周辺施設

オフィスビル周辺にどのような施設やお店があるかも忘れずに確認しましょう。周辺にあると便利な施設としては、銀行、郵便局、カフェなどが挙げられます。街中などにあるオフィスの場合は、コインパーキングなどがあると便利です。

駐車場

営業時や通勤時に車をご利用される方は、オフィスビル内に駐車場があるか否か、空き状況を確認しましょう。ビル内に駐車場がない場合は、周辺の月極駐車場を並行して探す必要がございます。

賃貸オフィスの契約にはコストがかかります。入居後に後悔することがないように、候補物件については上記でご紹介した内容を参考にして、しっかりと内見を行いましょう。

コラム一覧