コラムCOLUMN

2020.05.15 何に注意すべき? 賃貸オフィスの選び方

独立や起業などで賃貸オフィスを借りる場合、物件選びは頭を悩ませる問題のひとつです。事業に合った最適な賃貸オフィスを見つけるためには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。今回は、入居後に「こんなはずではなかった!」と後悔しないためにも、賃貸オフィスを選ぶ際の注意点や選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

まずは求めるオフィスの条件を明確に

オフィス選びをする際、闇雲に物件を見て回るのは非効率的です。賃貸オフィスを探す場合には、あらかじめ希望するオフィスの条件を明確にしておきましょう。

エリア

エリア選びは企業のブランディングにも大きく影響する要素のひとつです。人いわゆる「オフィス街」と呼ばれる人気のエリアは、賃料が割高になる傾向があるものの企業イメージをアップさせる一定の効果はありそうです。

立地

オフィス選びをする際には、立地条件も重要な要素のひとつではないでしょうか。駅やバス停から徒歩圏内など利便性の高さはもちろん、周辺に営業対象となりそうな企業が多い立地を選ぶのも戦略的には意味のあることです。

広さ

快適なオフィス(執務スペース、会議室、受付、リフレッシュスペース、倉庫等を含め)の広さは、「人数×2〜3坪」がひとつの目安になります。ただし、オフィスの使い方によっては、特殊な作業スペースや大会議室が必要といった場合もございますので、その場合はさらに広さを確保する必要があります。まずはどのようなオフィスレイアウトにしたいのかをイメージしておくことも大切です。

賃料

オフィスの賃料は、利便性が高ければ高いほど料金は上がり、反対に郊外になれば賃料を抑えることができます。従業員がマイカー通勤をする場合や、来客などが少ない業種の場合には、賃料の低い郊外を選択するのも方法のひとつでしょう。

設備

セキュリティやインフラなど設備面が充実しているかどうかは、初期費用にも影響する部分です。事業を展開する上で、どの範囲までの設備が必要なのか、あらかじめ明確にしておきましょう。

賃貸オフィスを選ぶときの注意点

では、実際に賃貸オフィスを選ぶ際には、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか。主な注意点は以下の通りです。

不動産会社を比較する

希望に近い賃貸オフィスに出会うためには、1箇所の不動産会社で探すのではなく、複数の不動産会社に以来をして比較するのが理想的です。例えば同じ物件でも不動産会社によって仲介手数料が異なる場合もあるため、必ず事前にチェックしておきましょう。

内見時に管理状況などを確認する

賃貸オフィスの候補が決まったら、実際にその物件まで足を運んで内見をしましょう。内見の際には、オフィス設備の新しさや広さなどはもちろん、エレベーターやエントランス、トイレ、駐車場といった共有部分の清掃がきちんとされているかどうかなど、管理状況などを確認することも忘れずに。特に駐車場が完備された物件の場合、立体駐車場か平面駐車場かによって車の出入庫にかかる時間、入庫可能サイズが異なるため、営業車などの出入りが頻繁な場合や大型車の入庫がある場合には注意が必要です。

他のテナントもチェックする

複数の企業が入居するオフィスビルの場合には、どのようなテナントが入っているのかも確認しましょう。企業のイメージに合わないテナントが入っている場合には、避けた方が良いでしょう。

契約内容を細部まで確認する

理想の物件が見つかったら、契約を締結する前に必ず契約書を隅々まで確認しましょう。分からないことや気になる項目があったら、遠慮せずにきちんと説明をしてもらうことが大切です。

賃貸オフィスの選び方

物件選びはその後の事業にも影響するため、しっかり検討して決めていきたいものです。初めて賃貸オフィスを借りる場合には不安なこともあると思いますが、以下の選び方のポイントを参考にして進めていきましょう。

条件を書き出し、優先順位をつける

立地条件やエリア、広さ、賃料、設備などオフィスに求める希望条件を書き出しましょう。その上で、どの条件を最優先にするのかを決めていきます。

不動産会社を決定する

賃貸オフィスを借りる場合、不動産会社(オーナーまたは運営会社)ごとに得意とするエリアや物件の種類は異なりますので、まずは必ず複数の不動産会社を比較しましょう。また、仲介業者経由で賃貸オフィスを借りる場合は、不動産会社(仲介業者)によって仲介手数料が異なる場合があり、対応面でも大きな違いがあります。幅広い選択肢で物件を提示してくれるか、対応が誠実かどうかなど、総合的に判断したうえでどの不動産会社にお願いするのかを決めていきましょう。

条件に合った物件を探す

不動産会社に物件を提案してもらうときには、最初に書き出した理想の条件や優先順位がぶれないようにすることも大切です。効率的に理想の物件を見つけるためには、最初はできるだけ全ての条件を満たす物件を探してもらい、どうしても見つからない場合には、優先順位の低い条件を外しながら探していきましょう。

新しいオフィススタイプに視野を広げてみる

近年、一般的な賃貸オフィスと異なる、サービスオフィスやシェアオフィスなどといった、新しいオフィスタイプが登場してきております。これらは、会議室や受付などといった共用スペースをシェアして使うことで、必要面積の効率化、コスト削減を実現できる場合もあります。オフィスの利用方法を見極めながら、最適なオフィスタイプを選択しましょう。

賃貸オフィスを選ぶ上で大切なことは、希望する条件を明確にするということです。上記でご紹介した選び方のポイントを参考にして、理想的な物件を探しましょう。

コラム一覧